◆About Miroku


クルーNO.0∞0

 

出身:北海道

生生:1983.11.27

本名:井上彩陽(いのうえあさひ)

法名:笑龍ミロク(シャーマン)

芸名:369os

天命:シャーマン、ミディアム(靈媒)、エネルギーワーカー、アルクトゥルスチャネラー、イニシエーションマスターガイド、ミロクの世の創造、沖縄での祭祀。

 

役職:

・宗教法人01教369宗インターアストラルシャーマニズム協会 代表

 

 

 

 

 

自己紹介:

 

 2012年から、小刻みに指が勝手に動き出すという異変が起きる。なにかの振動をキャッチしているようだった。

それからのとある日に、金縛りにあい身体の自由がきかなくなり、口から勝手に宇宙語が飛び出し、ETからのメッセージだと直感したので、自動書記したところ「準備が出来た者から順にコンタクトを開始する。」と受信。それをきっかけにライトランゲージの研究を開始。

 その研究結果をブログで発表していくにつれて、そのメッセージの通り、オンラインコミュニティなどで、ライトランゲージから取り出した智慧を人々に共有していくことにたまたまなっていき、多くのETソウルたちと順にコンタクトをしながら、壮大な宇宙の計画を遂行中。

 

 2013年からシャーマニズムの道に入り、アヤワスカをはじめ様々なメディスンや先住部族の古代秘教儀式に精通していき、すべての体験の答え合わせがはじまり、霊的覚醒のイニシエーションを何度も体験。世界13人のグランドマザーのうちのひとり、クララに「あなた成長早いわね。」と言われ、その特異な能力から、アマゾンでも噂になってると話されたこともある。

 

 2015年、国際的なアヤワスカセレモニーの最中に、UFOに吸い込まれ、宇宙人と同一次元上での明晰なコンタクトを体験。アストラルに連れていかれ、テレパシーでこの宇宙のあらゆるメカニズムをアチューンメントされ、この次元に戻っては大量の嘔吐を5往復繰り返し、意識が持つ力と現象創造のメカニズムを完全に認識した。シルエットは昆虫型の宇宙人だった。

 

 2016年、子どもが出来たことをきっかけにオンライン上での活動を一旦休止。淡路島から鳥取へと、御神事の場を移し、またシャーマニズムの活動も新たに再開していくことになる。現在は、沖縄に移住。天皇家の祭祀と完全に一致した裏御神事を宇宙人と行う八咫烏としての自覚を持ちながら日々ワークを開いて過ごす。

 

 2017年、再度宇宙人が強烈にコンタクトをしてきて、「宗教法人の中で人類の種の進化について重要な働きをするように。」と、告げられ、その半年後に、仲間が宗教法人01教をスタート。

 

 宗教法人01教の自分教ブロックチェーンプラットフォームを活用し、2018年、自身の天命の宗教活動として、「宗教法人01教369宗インターアストラルシャーマニズム協会」を始動させる。

 

 2018年3月18日に、淡路島で初のセレモニーを成功させ、古代イスラエルを靈統とする秘教儀式を現代に復活させる。ミディアムシップ、超意識、シンクロニシティ、ETコンタクト、ライトランゲージを駆使し、宇宙人との合同ライトワークをその後も成功させていく。

 

 2018年4月20日に、再度、宇宙人の強烈なコンタクトを体験する。イエスキリスト、スサノオ、シヴァ神の完全靈媒となり、壮絶な神秘体験を得る。

 

 その二日後の22日、沖縄のアースデイ琉球2018に参加した時に、さとうみつろう氏が司会進行で「君が代」についてのゲストとトーク中に、「君が代をみんなで今ここで歌えますように。」と、そっと祈り始めたところ、スピーカーがものすごい音で、びーーーーーーんと音が飛び、会場騒然、そのあと雷がゴロゴロとなり、雨が降り出すということにたまたまなった。宇宙人のコンタクトがあったことを説明していた、隣に同席していたシャーマンの仲間もその様子を見ていたので、宇宙人の関与をはっきりと確信する。

 

 翌日、23日から、SHIBUYA CASTで開かれた「おはよう、宇宙市民」という真剣に宇宙人を迎える準備をしよう。というイベントに出演。このリアルタイムのシンクロニシティをあまりに生生しくお話することで、会場には、聴いてしまってはいけない空気感がただよい、ほぼスタッフだけという状態で三日間のトークライブを完了する。内容をYoutubeに一時期あげていたのだが今は削除している。

 

 同年、6月21日の夏至に、沖縄の某祭祀場の洞窟の中で、秘教儀式を執り行い、イエスキリストを磔にしたままの姿を拝ませる偶像崇拝の偽教に対して、アルクトゥルス星人そのものであるイエスキリスト靈団と共に、エネルギーワークを実施、悪を打ち破る。

 

 同年、8月10日、宗教法人01教の一周年記念セレモニーを行い、晴れて自分教がブロックチェーン上に誕生、同時に、名をミロクとして法名を、和尚、JUN KAWASAKIより授かる。

 

 同年、9月11日~12日、9.11金融資本主義の崩壊の日と翌日IASAの設立記念一周年セレモニーを連日行う。このワークに連動して、淡路島の先山上空一面鱗雲の中、山のてっぺんだけが、ぽっかりと円に晴れているという写真がフェイスブックに投稿され、その日に行っていたのが、イナンナに関するワークをしていたので、宇宙人との合同ワークであることを一同確信。セレモニーは大成功に終わる。 

 

 これら、セレモニーを中心とした宇宙人との合同ライトワークに、連動して、国際的なネオシャーマニズムの活動に招待され、海外のシャーマニズムコミュニティの仲間たちともどんどんつながり始め、メキシコのクラウディオ、ペルーのホスエ、アメリカのホフマン、アルゼンチンのゴンサロ、オーストラリアのダニエルなど同世代の新しいシャーマニズムの担い手たちと連携を取り、現在、オンラインセレモニーという形で、インターネットで中継をしながら、同時刻にセレモニーを行う祈りの協力体制を運用中。

 

 各国の新しい世代のシャーマンは宇宙人とのコンタクトがはじまっており、「宇宙人と、神やスピリットは、総じて、異次元の意識存在であることを明確に認識し、シャーマンという意識、祈りの働きが重要な意味を持っていることを確認し合い、一致団結が強まっている。

 

 2018年11月9日、民放放送やりすぎ都市伝説のミスター関の、動き出せという母船からのメッセージを素直に実行。翌日10日より、宇宙人とのコンタクトに備えるためのコミュニティセンター「Vermillion」を設立。段階的に、宇宙人とのコンタクトや、秘教について、SNSで公開していく活動を開始。

 

 2019年1月11日、オンラインコミュニティを新たに新設「Re MU Rearth:レムリアース」と名付け、ブロックチェーン上にオンラインベーシックインカムコミュニティを構築していく計画を発表。ミロクの世の現実的なパイロットケースとして仲間集めをするためにフェイスブックグループを運営し、セレモニーに参加するソウルメイトたちを受け容れる体制を整えている。

 

 現在は、5月1日の新しい天皇陛下の誕生を祝うための、世界同時開催インターアストラルセレモニーの呼びかけに力を入れている。

 

 著書では、世界ではじめて、シャーマニズムを量子論で解説した本を出版している。初心者向け。

 

著書:

 

クオンタムライトワーク テキストブック369OS ver.1,1: 「祈り」とは、量子脳に現象創造の最適化を演算させること。 Kindle版

 

 


◆Gallery



◆Song